musician's talk ウクレレを愛するミュージシャンへのインタビュー
gray-dot
sekiguchi

カウアイ島の音楽一家


ウクレレピクニック2012イン・ハワイのステージ。少し低く、知的であたたかみのある声がとても魅力的。芝生に寝転がって彼女の音楽を聴くのは至福のひととき。
――今日ステージ(ウクレレピクニック2012イン・ハワイ)で使っていたウクレレについて教えてください。
「これは最近購入したコアロハのウクレレです。ずっとカウアイ島のメデイロス・ウクレレの8弦を使っていたんですけど、4弦のウクレレが弾きたいと思うようになって買いました。8弦は音が厚くて大きかったから、4弦で同じように大きな音を出そうとすると、ストラムに力を入れる必要がありますね。それに重さがぜんぜん違って、4弦は軽いですね。最近慣れてきたところです」

――ウクレレを弾くようになったのはいつから?
「子供の頃からです。うちは音楽一家で、家の中にいつも音楽が溢れていましたからね。母はカウアイ島で長年ミュージシャンとして活動していた人で、いつも家の中にはウクレレがありました」

――ウクレレはどうやって習ったんですか?
「ただ家族が弾いているのを見ながら、自然にですね。自分でウクレレを手にしていろいろな音を鳴らしながら、身体で覚えた感じです」

――最初のマイ・ウクレレは何でしたか?
「私の最初のウクレレが、少し前まで使っていた8弦ウクレレなんですよ。私の生まれ故郷であるカウアイ島のメーカー、メデイロスにカスタムメイドしてもらって、それから15年以上弾いてきました」

――ではこれまでリリースした2枚のアルバムで弾いていたのは、その8弦ウクレレだったんですね。次のアルバムのリリース予定はありますか?
「最新作の『オハイ・ウラ』がとても完成度が高いアルバムとなったので、まだ慌ててレコーディングする必要はないと思っています。長い間楽しんでもらえる作品です。ただ、曲作りはいつもしていますよ。友人のミュージシャンに曲を提供したりしています。しばらくはステージに力を入れたいですね。ハワイだけでなくいろいろな場所で、もちろん日本での演奏もたくさんしていきますよ。この4弦ウクレレを連れてね」























line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.