event
 
music & clulture ウクレレイベント情報とイベントレポート
gray-dot
bill tapia japan live tour

関口和之がプロデュースするハワイアン・カルチャースクールPoePoeの年に一度の文化祭兼クリスマス・パーティーが開催されました。13回目となる今回のテーマは“オアフ島”。オアフ島を象徴する花イリマや、オアフ島の色とされる黄色が会場中に溢れた笑顔いっぱいの文化祭をレポートします。


アロハに包まれたステージ


PoePoe校長・関口和之
たくさんのレイをかけられて終始嬉しそうな笑顔だった関口校長。
  老いも若きも、世代を超えてウクレレやスラック・キー・ギターを弾き、歌い、フラを踊り、語り合う。そんなハワイアン・カルチャーを愛する者たちの文化祭へようこそ! ポエポエ恒例のクリスマス・チャリティー・イベント「メレカリキマカ」はなぜ“文化祭”なのか? それはポエポエの生徒たちがスタッフとなり、先生や生徒たちがパフォーマンスし、グッズを作り、来場者みんなを楽しませるイベントだから。そして、会場で行われるチャリティー・ラッフル抽選会の収益は毎年「世界の子供にワクチンを 日本委員会」へ全額寄付される。楽しんだことが誰かのためになるというアロハいっぱいの文化祭なのだ。
 ステージではまずウクレレ、スラック・キー・ギター、フラ、ハワイ語、くちぶえの各クラスの発表会が行われた。ハワイ諸島の主な8つの島はそれぞれ島のレイや色、別名などが定められているが、今回のイベントテーマは“オアフ島”ゆえに、島の色である黄色や島のレイであるイリマを身に付けた生徒たちが1年間の練習の成果を披露した。演奏曲はハワイアンやフラのスタンダード・ナンバーからロック、サザン・メドレーまでクラスごとにさまざまだ。
 そして後半は校長・関口和之をはじめとするミュージシャンたちの“裏カリキマカ・ライヴ”が繰り広げられた。山内雄喜やキヨシ小林らから成るアラニ・オハナ・バンド、ウクレレえいじ、高木ブー、IWAO、青柳拓次、YANAGIMAN、分山貴美子らによる、スペシャルだけどアットホームな演奏で会場はハッピームードに包まれた。


スラック・キー・ギターでホノルルやワイキキなどオアフ島の風景を謳った曲を披露。

ポエポエバンドの演奏に合わせ「He U’i」を踊ったフラ・ビギナークラス。


Don’t be cruel! 名古屋のウクレレクラスはウクレレでプレスリー。
ダブルネックのウクレレで登場した高木ブーさん。ゆるゆるとしたウクレレの世界を堪能させてくれた。


アラニ・オハナ・バンドはクリスマスソングのほか「銀座カンカン娘」など懐かしの名曲も聴かせてくれた。

みんなで作る文化祭

 ブース・スペースに足を踏み入れると、そこはハワイアンキルトなどのワークショップ、各クラスによるオリジナルグッズの販売に加え、KAMAKAやT'sなどのウクレレやハワイアングッズなど、気になる出展のオンパレード。またアーティストやメーカーなどが出品したチャリティー・ラッフル抽選会の豪華賞品もズラリと並んでいる。パーティー中盤で行われる抽選会での当選を目指して多くの人が投票した。次回以降もこの投票&抽選は機会を逃さずにおさえておきたいところ。
 そしてハワイアンな時間を満喫してお腹が空いたら、オーガニックフード祭りへGO!「レインボーバードランデヴー」と「コーツトカフェ藍い月」によるナチュラル・フードが堪能できた。会場ではビールやワインに加え、「校長の一杯立ち飲み屋」で日本酒も飲めるのが嬉しい。
 老若男女、誰をも温かく受け入れ、ハワイアン・カルチャーに浸らせてしまうこのイベント。自分も何かやってみたいと思ったらポエポエのドアを開けてみよう。ハワイ好きの楽しい仲間たちが君を待っている!


ポエポエのショップ・ブースではのほほんくんグッズやハワイアンミュージックのCD、ウクレレ関連本など、普段ショップで販売しているさまざまなグッズを買うことができる。


「校長の一杯立ち飲み屋」では日本酒一杯300円。帽子にお金を入れてセルフサービスでどうぞ。


リボンレイクラスのブースでは、オリジナルのストラップやシュシュなどを販売。先生や生徒たちによるリボンレイ作品の展示もあった。

ハワイアンキルトクラスのブースではキルト体験が可能。講師の先生に教わりながら、ハイビスカスなど好みの形を選んで一針一針縫っていく。


ハワイアンヨガクラスはみんなで毛糸のリボンレイを作製。オアフ島の色である黄色やオレンジをメインにしたレイやレイポウ(頭につけるレイ)は可愛くて大人気!

ハワイ語クラスのブースではハワイ語のメッセージが書かれたオリジナルTシャツを販売。売上の一部をオアフ島の団体へ寄付する予定だとか。


『UKULELE VENTURES』というアルバムでデビューした兎野Uと熊野900のユニット、U900もやってきた!
高木ブーさんのショップではハワイアン雑貨やTシャツなどを販売。雷様がウクレレを弾いているこのTシャツ、ソー・キュート!


カマカもブースを出展。各モデルの試奏ができるほか、組み立て前のウクレレの各パーツを展示しました。

Information

問い合せ
PoePoe
TEL 03-3716-1339
E-mail poepoe@nofofon.com

URL http://www.nofofon.com


Text:MASUMI NAKAJIMA(RAVEN WORDS'WORKS)
Photo:YASUHIKO ROPPONGI(OFFICE SIXX)
Design:TARO WATANABE(77GRAPHICS)
Event Report
第3回 くまレレピクニック
(2013.06.02)



Aloha Amigo! ウクレレサミット
(2012.08.26)



ウクレレピクニック2012
(2012.07.28)



第2回 くまレレピクニック
(2012.04.22)



Mr. Fukushima & his Sweet Hollywaiians
LIVE @ Cafe Dufi

(2012.04.8)



ウクレレピクニック2012
in Hawaii

(2012.02.12)


●イベント・レポート
●主宰・関口和之インタビュー


ウクレレピクニック2011横浜2DAYS
(2011.07.06-07)


●ステージ
●ブース
●主宰デビッド・スミス インタビュー
●スペシャル・バックヤード・ステージ@Motion Blue
●フォトギャラリー

Ukulele Studio Mahana 2011発表会
(2011.06.26)

ウクレレピクニック2011
in Hawaii

(2011.02.13)


●パケレ・ライヴ
●ハート&ソウル ウクレレ・コンペティション
●メインイベント
●オプショナルツアー

New York Uke Fest 2010
(2010.05.12〜16)

ウクレレピクニック2010
in Hawaii

(2010.02.13)


●ウクレレ・レジェンド・イン・コンサート
●プレライヴ
●メインイベント
●ウクレレピクニック2010 in Hawaiiを終えて

PoePoe Mele Kalikimaka 2009
(2009.12.06)

Sweet Hollywaiians Live
at PoePoe

(2009.11.20)

第5回 ジ・ウクレレコンテスト
(2009.11.23)

ビル・タピアJAPAN LIVE TOUR
at 目黒ブルースアレイジャパン

(2009.08.03)


●レセプション
●ウクレレピクニック2009
●Bill Tapia インタビュー
ウクレレピクニック2009
(2009.08.01)


●ステージ
●KAMAKAブース&ワークショップ
●クリス・カマカのサイン会
●出展ブース
●イベントプロデューサーインタビュー
●フォトギャラリー
ウクレレ・スーパージャム2009
(2009.05.23)

Ukulele Picnic 2009 in Hawaii
(2009.02.14)

line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.