musician's talk ウクレレを愛するミュージシャンへのインタビュー
gray-dot
ビル・タピア

「音楽をやり続けるパワーの源は、
   美しい女性とウクレレだね(笑)」


ワイキキでひと際目を引くピンクの老舗高級ホテル、ロイヤル・ハワイアンのオープニングセレモニーで1927年に楽団の一員として演奏していたビル・タピア。それから80年以上たった今、彼はウクレレを携え日本へやってきた。その歳なんと、101歳! 現役最高齢のプロミュージシャンは世界中の人々にウクレレを通して音楽の素晴らしさを伝えている。「いつまでも現役で、毎晩でも演奏したい」と音楽への情熱は衰えるどころか、老いてますます盛んに。そんな彼を日本へ招いた関口和之さんとともに、いったい何が彼をかき立てるのか、その秘密の一端に触れるべく話を伺った。


BILL TAPIA Profile

1908年1月1日ハワイ・ホノルル生まれ。現在 101歳。7歳でウクレレを手にし10歳からプロとして活動。1940年代にはアメリカ西海岸に移住し、以来ジャズ・ギタリストとして活躍。これまでに共演したアーティストはルイ・アームストロングやビング・クロスビー、キング・バニー・ナワヒなど数えきれないほど。2001年から再びウクレレを弾き始め、2006年には彼のドキュメンタリー映画 『TO YOU SWEETHEART, ALOHA』が制作され話題に。現在もウクレレ・プレイヤーとして活躍しながら、多くの人々にウクレレを教える日々を送っている。

BILL TAPIA オフィシャル・ウェブサイト
http://www.billtapia.com/
BILL TAPIA JAPAN LIVEウェブサイト
http://www.flying-colors.jp/bill/

Ka ‘Ukulele Lele 『Duke of Uke』
Bill Tapia
(輸入盤)
Ka ‘Ukulele Lele 『Tropical Swing』
Bill Tapia
(輸入盤)

★Bill Tapia Japan Live CD
今回のジャパン・ライヴ盤
2009年10月21日ビクターエンタテインメントよりリリース決定!
詳細は後日UPしますので、乞うご期待!

Text:MASUMI NAKAJIMA(RAVEN WORDS'WORKS)
Photo:YASUHIKO ROPPONGI(OFFICE SIXX)
Design:TARO WATANABE(77GRAPHICS)




















line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.