musician's talk ウクレレを愛するミュージシャンへのインタビュー
gray-dot
katsu seiji

「ウクレレは“足りなさ加減”がパーフェクト」

アーティスト/プロデューサー/作曲家/講師などさまざまな顔を持つミュージシャン、勝誠二。そのハイセンスな音楽で多くの人を楽しませている彼に、これまでの音楽人生からウクレレとの出会い、そしてハマったウクレレの魅力について語ってもらいました。

勝 誠二 Profile

1961年、神奈川県生まれ。1983年、湯川トーベンと入れ替わる形で「子供ばんど」にベーシストとして加入。その後4年間活動を続けたあと脱退し、ソロ活動のほかプロデュース業も手がけるようになる。ウクレレプレイヤーとしては2003年『ウクレレ・ビートルズ』への参加を皮切りに活動しはじめ、作曲家、講師としても活躍。幅広い層から支持され、2009年からはソロ活動も開始。

ウクレレ・トリオ「elli+katz+nory(エリ・カツ・ノリィ)」公式ブログ
http://ellikatznory.blogspot.com/

Ka ‘Ukulele Lele 『GET HAPPY!!』
勝 誠二
(WSCD-2003)
Ka ‘Ukulele Lele 『勝誠二のウクレレ・スタジオジブリ』(CD付き)
(ドリームミュージックファクトリー)
Ka ‘Ukulele Lele 『曲からマスター! 一歩先行くウクレレ・テクニック』
(リットーミュージック)

Text:MASUMI NAKAJIMA
Photo:YASUHIKO ROPPONGI(OFFICE SIXX)
Design:TARO WATANABE(77GRAPHICS)




















line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.