event
 
music & clulture ウクレレイベント情報とイベントレポート
gray-dot


「ウクレレをもっと当たり前に楽しめる形にしたいんです」

2000年に逗子マリーナでスタートしたウクレレピクニックは今年で10周年。ウクレレピクニックも日本のウクレレシーンも1年ごとに着実に成長を遂げています。このイベントのアイディアのもとはハワイ島で開催されていた“スラック・キー・ギター&ウクレレ・フェスティバル”だったと語るエグゼクティブ・プロデューサーのデビット・スミスにこれまでのウクレレピクニックの歩みを伺いました。



――ウクレレピクニックは10周年を迎えましたが、10年続けてきていかがですか?
「10回やっていると、だんだんお客さんがイベントのスタイルをわかってくるので、ゴミの処理とかテントを張る場所とか、ルールをわかってくれているので、やりやすくなりました。イベント運営のためにTシャツなどのグッズを買ってくれる人も増えましたし、スムーズにできるようになりましたね。ミュージシャンたちも慣れてきて、自ら参加したいと言ってきてくれる方も増えました。DIAMOND☆YUKAIさんとかホフディランとか、普段はウクレレじゃない人たちもどんどん参加してくれるようになりましたし。こういう感じでウクレレが普通の音楽イベントになっていけばいいですよね」

――最初は有料のイベントだったんですよね?
「逗子マリーナからスタートして5年間は有料のイベントでした。途中からだんだんエキサイトしてきて、音響設備も良くなり、いかにも夏フェスっぽくなってきたんです。そうなると運営サイドにもプレッシャーがかかってくるし、観ている人も堅苦しくなってきて、出演する人も身構えるようになってきたんです。だったらもともと“ウクレレでゆっくりのんびり”というのが趣旨だったので、もう一度見直そう、本来の趣旨に立ち返ろうということになり、無料イベントにしたんです。その代わりに参加したみんなにグッズを買っていただこうと。単にチケットを販売するよりもTシャツとかグッズの方がみんなの思い出になるし、いいでしょう? つまり参加してくれるみんなでこのイベントを運営しようという形なんです」

――みんながグッズを買って、みんなで盛り上げて、みんなでやっていこうというイベントなんですね。無料にしてお客さんの数は増えましたか?
「増えましたね。友達が友達を連れてくるようになったし、ウクレレのことはよく知らなくても雰囲気がいいので遊びに来るという人も増えました。あと一番大きいのは家族ですね。普通の夏フェスって、家族でなかなか行けないじゃないですか。でもウクレレだと小学生からおじいちゃんまで参加者がいるので、家族で来てくれるんですよ。それがこのイベントの最大の特徴だと思います」

――1回目からやってきて、日本のウクレレ人気はどのように実感していますか?
「“ウクレレ=フラダンスのバックミュージック”みたいな認識を壊したいというのがこのイベントを始めるきっかけだったんです。ウクレレを主役にして、フラを踊る人がいればそれはあくまでサブ。ウクレレをメインに出していこうと始めたイベントなんです。ウクレレを主役にしていくという意味では、この10年ですごく浸透したんじゃないですかね。みんないろんなオリジナルを作ってきて、ハワイアン・ミュージックは少ないくらいですから。ウクレレでさまざまなジャンルの音楽を奏でるイベントを成立させることができるようになってきましたね」

――今後のウクレレピクニックの展望は?
「この10年でウクレレの可能性が知られて、ウクレレファンが増えてきたので、今後はウクレレをもっと普通にと言うか、当たり前に楽しめる形にしたいです。今までは音楽の入り口だったけど、もっと音楽性が深く強くなって、楽しめたらいいですよね。ウクレレとかハワイアン・ミュージックっていうとどうしてもクローズされているので、次の10年でもっとオープンにしていきたいです。音楽全体の中のウクレレ、というのがこの先10年のテーマだと思います」


問い合わせ

レイランド・グロウ
TEL 0467-22-4488
E-mail info@leilandgrow.com
URL http://www.leilandgrow.com/




ステージ

KAMAKAブース
&ワークショップ

クリス・カマカの
サイン会
     

出店ブース

イベントプロデューサー
インタビュー

フォトギャラリー
Event Report
第3回 くまレレピクニック
(2013.06.02)



Aloha Amigo! ウクレレサミット
(2012.08.26)



ウクレレピクニック2012
(2012.07.28)



第2回 くまレレピクニック
(2012.04.22)



Mr. Fukushima & his Sweet Hollywaiians
LIVE @ Cafe Dufi

(2012.04.8)



ウクレレピクニック2012
in Hawaii

(2012.02.12)


●イベント・レポート
●主宰・関口和之インタビュー


ウクレレピクニック2011横浜2DAYS
(2011.07.06-07)


●ステージ
●ブース
●主宰デビッド・スミス インタビュー
●スペシャル・バックヤード・ステージ@Motion Blue
●フォトギャラリー

Ukulele Studio Mahana 2011発表会
(2011.06.26)

ウクレレピクニック2011
in Hawaii

(2011.02.13)


●パケレ・ライヴ
●ハート&ソウル ウクレレ・コンペティション
●メインイベント
●オプショナルツアー

New York Uke Fest 2010
(2010.05.12〜16)

ウクレレピクニック2010
in Hawaii

(2010.02.13)


●ウクレレ・レジェンド・イン・コンサート
●プレライヴ
●メインイベント
●ウクレレピクニック2010 in Hawaiiを終えて

PoePoe Mele Kalikimaka 2009
(2009.12.06)

Sweet Hollywaiians Live
at PoePoe

(2009.11.20)

第5回 ジ・ウクレレコンテスト
(2009.11.23)

ビル・タピアJAPAN LIVE TOUR
at 目黒ブルースアレイジャパン

(2009.08.03)


●レセプション
●ウクレレピクニック2009
●Bill Tapia インタビュー
ウクレレピクニック2009
(2009.08.01)


●ステージ
●KAMAKAブース&ワークショップ
●クリス・カマカのサイン会
●出展ブース
●イベントプロデューサーインタビュー
●フォトギャラリー
ウクレレ・スーパージャム2009
(2009.05.23)

Ukulele Picnic 2009 in Hawaii
(2009.02.14)

line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.